任意保険 選ぶ

自動車任意保険の選び方と探し方

自動車保険 保険料 選ぶ

自動車保険 相場

自動車保険 選択

自動車保険 最安値

自動車保険 比較

 

毎年更新の自動車任意保険ですが、良い自動車保険を選べているな・・・という実感はありますか?

 

・何となく選んでいる。
・有名だから、大丈夫だと思う。
・どこも一緒でしょう?

 

こんな感じで毎年比較せずに、更新手続きをしていませんか?
それは実に勿体ない話です。

 

自動車任意保険の保険料は、見直し後に平均25000円もダウンするそうです。
あなたの任意保険、過剰な補償や必要のない特約がついていませんか?

 

もしもの時の任意保険、補償がほぼ同じなら保険料は安い方が良いですね。

 

それなら同じ条件で複数の保険会社に見積もりを依頼して、比較するのが1番です。

 

いまは便利な任意保険一括見積もりがあります。

 

あなたの年齢などの情報と希望の補償内容を入力して送信すると、複数の保険会社からメールやハガキで見積もりが届きます。
あとは内容を比較して契約すれば、簡単に保険の見直しができますよ。

 

任意保険 見直し

 

簡単・便利なのに、利用料は無料なので、オススメです。

 

 

自動車保険の補償内容を確認しましょう。

 

自動車保険 補償

 

自動車保険の補償は大きく分けて、@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の4つになります。

 

この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額をいくらに設定するかによって月々の保険料が大きく変わります。
オススメは以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手を死傷させた場合に備えて、無制限で契約しましょう。
死亡事故の場合は賠償金額が1億、2億円ということも普通にあり得ますので、無制限で備えましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理は工事費用も必要なので高額ですから、無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害ですが、最低限でもいいのでつけておきましょう。
若い人や高齢者は自動車保険の保険料が高いので、無保険という人もいます。
相手が無保険の場合は本人の自費ですが保険料をケチる相手ですから、こちらが泣き寝入りになることもしばしばです。 

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。
車のローンが残っている車は加入しておくと安心ですが、買い替えを検討している人には必要ないかもしれません。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

対人賠償とは?

 

自動車任意保険 対人賠償

 

契約車で他人を死傷させてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に治療費や慰謝料を補償するものです。

 

契約の際に設定した金額が上限となりますので、保険金額は「無制限」がオススメです。

 

万が一相手を死亡させてしまった場合は億単位の賠償を負うこともありますので、自分の将来のためにも「無制限」で契約することをオススメします。

 

多くの保険会社に「示談交渉サービス」がついており、事故の相手との示談交渉を担ってくれます。

 

ここで対人賠償の補償は「他人」となっていますので、自分の父や母、配偶者、子供に怪我をさせてしまった場合などは対象外となり保険金がおりません。

 

 

対物賠償とは?

 

自動車任意保険 対物賠償

 

契約車で他人の車や家の壁、電柱やカードレールなどを壊し、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。

 

契約時に設定した保険金額が上限なので、無制限にするのがオススメです。

 

電柱やガードレールの修理費用は工事費用も必要なので高額になります。
自分のためにも無制限で契約することをオススメします。

 

・電柱の修理費用:30〜50万円、電線などの断線があると100万円以上
・ガードレールの修理費用:1枚5〜10万円
・信号機の修理費用:100万円以上

 

※これらは事故の状況によりますし、修理費用は言い値となるので高額となっても仕方がありません。

 

多くの保険会社に「示談交渉サービス」がついており、事故の相手との示談交渉を担ってくれます。

 

この場合も「他人の物」が補償対象なので、自分の家の壁を壊した場合には対物賠償は使用できません。

 

 

 

自動車保険の補償の詳細

 

自動車保険の補償

 

自動車保険には専門的な用語が多くて、なんだかわかりにくいですよね。
実際きちんと理解していない方も少なくないのですが、おおまかに分けて4つの補償から成ることだけ理解しておいてください。

 

自動車保険は事故での怪我や車の修理に備えるものです。

 

@事故相手の怪我や障害、死亡に備える

 

A事故相手の車の修理に備える

 

B自分の怪我や障害、死亡に備える

 

C自分の車の修理に備える

このような補償です。
そしてそれぞれに専門的な名称がつけられています。

 

@事故相手の怪我や障害、死亡に備える・・・対人賠償

 

A事故相手の車の修理に備える・・・対物賠償

 

B自分の怪我や障害、死亡に備える・・・人身傷害

 

C自分の車の修理に備える・・・車両保険

 

おおまかに言いますとこのような感じです。
@対人賠償とA対物賠償は事故相手に支払われる補償なので、必ず無制限で契約しましょう。
万が一相手に障害が残ったり、死亡させてしまった場合は億単位の賠償命令が下ることもあります。
対物賠償は事故現場のカードレールや電柱を修理費用などもカバーするので、必ず無制限で。

 

B人身傷害は自分の怪我などに備えるもので加入しない人もいますが、最近無保険で車を運転している人もいますので最低限のものでも入っておくことをオススメします。保険料と相談しながら決めてくださいね。

 

C車両保険は車の状況にもよりますが、ローンが残っている方は加入しておくと安心です。
車両保険ありとなしでは保険料が大幅に変わるので、ためらう人も多いです。
実際、車の時価しか補償されないので事故で廃車になったので保険金で新車を買うなどということは出来ません。
買い替えを検討している方は車両保険なしという方も少なくありません。

 

いかがですか?
少しは自動車保険のしくみがわかりましたでしょうか?