任意保険 選び方

任意保険の補償額の選び方

任意保険 選ぶ

 

任意保険には、@対人補償 A対物補償 B人身傷害 C車両保険 などがあります。
では、それぞれどのくらいの補償があるといいのでしょうか?

 

@対人補償とA対物補償は、事故の相手に対する補償であり任意保険の中枢です。事故の相手を万が一死亡させてしまった場合、損害賠償は1億〜3億円請求されることもあります。自賠責保険では最高でも3000万円しか補償されませんので、残りは自分で払わなければなりません。それに事故の時にガードレールや信号機を壊してしまった場合も修理費を請求されます。これらの修理費とは単純にガードレールの値段だけでなく、作業員や警備員の費用も請求されいます。決して安くありません。

 

対人補償と対物補償は必ず無制限にしておきましょう。

 

さて問題なのはB人身傷害とC車両保険です。
これは保険料を重視するのか、補償を重視するのかによって選び方が違います。

 

保険料を重視する場合は、人身傷害は多少つけて車両保険をつけないという方法があります。
人身傷害は事故の相手がもし無保険だった場合に備えておくもので、乗る車を限定するなどすれば保険料は安くなります。車両保険は保険料がかなり上がる原因になりますので、保険料重視の方は付けないという人が多いようです。

 

補償を重視する場合は、人身傷害はもちろん車両保険もつけましょう。
安心して車に乗りたければ1番良い方法ですが、保険料が高いのでなかなか選択できない方法でもありますね。

 

そしてもう1つ。弁護士費用特約というものがあります。
これはこちらが全く悪くない場合のもらい事故で、とても役に立つ特約です。停まっていた車に突っ込まれた場合など相手が100%悪い場合、こちらの保険会社は示談交渉ができないことになっています。そんなときに弁護士がつよい味方になってくれますので、つけておくと安心の特約です。